ジグ Tube

ルアーフィッシングを中心に釣り情報をまとめていきます。ジギングが好きなのでジギング多め+メジャクラのヒロセマンが好きなのでメジャークラフト発信の情報が多めになるかも。書いてる人はライトショアジギング → カヤックフィッシング → ボートフィッシングの流れで釣りを楽しんでいます。

メジャークラフトのメタルジグ 「ジグパラ」の解説

time 2017/10/30

スポンサーリンク

今より少し若いヒロセマンがメジャークラフトのメタルジグ 「ジグパラ」の解説をしている動画。

これを見てジギングやるって決めて、この動画を見てジグパラ買って、やっとルアーで魚釣ったのが散財釣りの始まりだった気がする。

ジグパラは、よく釣れる・フックも付いてる・値段も安い 良いジグだと思います。

スポンサーリンク

ジグパラ スタンダードタイプサイズ展開

動画は2014年なので、20g / 30g / 40g の3サイズでの紹介ですが、今のスタンダードタイプは

20g / 30g / 40g / 50g / 60g

の5サイズが発売されています。

名称も「ジグパラ ショート」になっています。この記事ではこれ以降ジグパラ ショートで書いていきます。

ジグパラ セミロングタイプサイズ展開

こちらはサイズ展開も名称も2014年と同じままです。

40g / 50g / 60g

の3サイズが発売されています。

ジグパラ ショートの特徴

対象魚を選ばない、引き重りもあまりしない誰にでも使いやすいタイプ。

まずは、これを使ってほしいとの事。

フックは、シングルのアシストフック(ティンセル付)とトレブルフック。

根掛かりが多い時はリアのトレブルは外した方がいいかも。

ジグパラ セミロングの特徴

スライド系ダートアクションでメジロ・ブリなどの大型青物を狙うのに有効なタイプ。

対象魚でショートとセミロングを使い分けてねとの事。

フックは、ツインのアシストフック。

ジグパラのこだわり

  1. しっかりとしたコーディングでタフに使っても剥がれにくい。
  2. フッキング率を上げる針先の鋭さ

まとめ

  • ショートもセミロングも開けたらすぐ使える
  • ハードに使っても大丈夫
  • ショートは汎用的。セミロングは青物狙い
  • 色が多すぎて迷った結果、無意識に持ってる色を買ってしまう

ジグパラ

スポンサーリンク

down

コメントする


名前を入力しない場合は「匿名」になります。

オフショア

キャスティング

シマノ

ショア

ジギング

スピニング

ニュース

ベイト

メジャークラフト

レビュー

料理

第一精工

解説

釣具

釣果



スポンサーリンク

5枚の交換レンズセットと専用ケース付属の偏光サングラス

人気記事

スポンサーリンク