ジグ Tube

ルアーフィッシングを中心に釣り情報をまとめていきます。ジギングが好きなのでジギング多め+メジャクラのヒロセマンが好きなのでメジャークラフト発信の情報が多めになるかも。書いてる人はライトショアジギング → カヤックフィッシング → ボートフィッシングの流れで釣りを楽しんでいます。

ジギングロッドとライトジギングロッドの違いについて

time 2017/11/12

スポンサーリンク

ヒロセマンが「ジギングロッド」と「ライトジギングロッド」の違いについて解説してる動画。

しなり具合などは動画で見るのが一番分かりやすいですね。

2分30秒ぐらいのさらっとした解説なので、さくっと見れるのは嬉しいのですが、「ジギングロッド」と「ライトジギングロッド」の両方のしなり具合も見れたら良かったのにな~。

スポンサーリンク

ライトジギングロッドは軽量ジグ特化

軽量ジグを小型リールで軽快に扱えるように、全てのパーツが「ライトジギング専用」。

ライトジギングで使うジグ、ライン、リール、それぞれに合わせて設計しているので、より繊細な操作、より楽なシャクりが実現。

具体的には、リールシートのデザイン、ガイド径、ガイド装着設定などが専用らしいです。

ロッドのテーパーは、バットパワーはしっかり残ってて、ティップが柔らかくてスムーズに入っていく設計との事。

試してみたいけど勇気が出ない

ライトショアジギングなら全然平気なのですが、ライトジギングロッドはなかなか買う勇気が出ない。

オフショアでライトジギングだと、潮が速い時にジグが流されて釣りにならなさそうで試せないんですよね。

それに、おまつりしたりすると迷惑かかっちゃうし・・・

お金持ちになるまで我慢かな~。

まとめ

  • ライトジギングするなら、専用ロッド使った方が良いっぽい
  • そもそもジギングロッドでは軽いジグをシャクレないかも?
  • ヒロセマンのテンションが高い時と低い時の差が気になる

メジャークラフト ジャイアントキリング

スピニングモデル

ベイトモデル

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいるらしい

down

コメントする


名前を入力しない場合は「匿名」になります。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スパムコメント対策でコメントは管理者の承認後に公開されます。

関連記事

カヤック

キャスティング

シマノ

ショア

スピニング

ダイワ

ボート

メジャークラフト

レビュー

料理

究極の血抜き

第一精工

解説

釣具

釣果



スポンサーリンク

5枚の交換レンズセットと専用ケース付属の偏光サングラス

人気記事