ジグ Tube

ルアーフィッシングを中心に釣り情報をまとめていきます。ジギングが好きなのでジギング多め+メジャクラのヒロセマンが好きなのでメジャークラフト発信の情報が多めになるかも。書いてる人はライトショアジギング → カヤックフィッシング → ボートフィッシングの流れで釣りを楽しんでいます。

ワインドでタチウオ狙いしてたらサワラがヒットして困るヒロセマン

time 2017/11/16

スポンサーリンク

ワインドでタチウオ狙いしてたら、良いサイズのサワラがヒットしてしまい、タモがなくて困るヒロセマン。

撮影の時でも、必ずタモを持ってるって訳ではないのか。

よく背中にタモ着けてるのを見るので、何が釣れるか分からないから毎回持ってるものだと思ってました。

タチウオ狙いだったから油断してたのでしょうね。

「これは抜けない」って言った時に、周りの釣り人にタモ持ってる人がいないかを確認してるところが少し笑ってしまいました。

スポンサーリンク

タモ借りたヒロセマンを見て思う事

撮影中って事もあるかもしれないですが、お礼の言い方が物腰柔らかで凄い良い人感が出てます。

偏見だと思いますが、プロの人ってどこか怖いというか乱暴なイメージあるんですよね。

そもそもヒロセマンが好きになった理由も、説明が丁寧というか優しい感じが見てて気持ちよかったからだし。

メジャークラフトのイメージの為にも横暴な態度はとれないって理由もあるとは思いますが、見てる側は映像が全てだし、この感じでずっとやって行ってほしいです。

ワインドは釣れるって聞くけど

私は、ワインドで釣れたことないです・・・

ワインドというか、ワームで釣れたことが1度もないです。

ジグと比べて全然投げてないのが原因って事は分かっているのですが、ワームってなぜかすぐに飽きてしまうんですよね・・・

なんかこう「釣りしてる!」って気分にならないと言うか、重みが無いから釣れる気がしないというか。

ジグパラマイクロだと釣れる気したし、重みがないから釣れないというより、なんか卑怯な感じがするってのが近いかも。

「金属の固まりを投げてシャクって釣る!」ってのがカッコいいと思ってしまいます。

最初に見た動画がワインドとかなら抵抗なかったかもしれないけど、釣りのきっかけが「ジグでマダイ」だったし、ワインド試してみたのもライトショアジギングもヒロセマンの影響だし、深く考えず今日もジグ投げる事にします。

まとめ

  • ワインドする時は大物が釣れる事もあるのでタモを持っておく
  • ヒロセマンは良い人
  • ワーム飽きない方法を教えてほしい

ジグパラ ワインド スタートキット

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいるらしい

down

コメントする


名前を入力しない場合は「匿名」になります。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スパムコメント対策でコメントは管理者の承認後に公開されます。

関連記事

カヤック

キャスティング

シマノ

ショア

スピニング

ダイワ

ボート

メジャークラフト

レビュー

料理

究極の血抜き

第一精工

解説

釣具

釣果



スポンサーリンク

5枚の交換レンズセットと専用ケース付属の偏光サングラス

人気記事