ジグ Tube

ルアーフィッシングを中心に釣り情報をまとめていきます。ジギングが好きなのでジギング多め+メジャクラのヒロセマンが好きなのでメジャークラフト発信の情報が多めになるかも。書いてる人はライトショアジギング → カヤックフィッシング → ボートフィッシングの流れで釣りを楽しんでいます。

簡単に魚を捌ける「サカナイフ」が気になる

time 2017/11/29

スポンサーリンク

簡単に魚を捌ける「サカナイフ」が気になる

【世界初!日本の匠が創る】簡単に魚をさばけるようになる魔法の包丁 「サカナイフ」

 

毎回物欲を刺激してくる知人からURLが送られてきました。

今回の商品は「簡単に魚をさばけるようになる魔法の包丁 サカナイフ」。

家では普通の包丁の方が捌きやすそうだけど、キャンプとか海で捌いて家に持って帰る時とかに便利そう。

刃物がそこまで好きじゃないので「ん~。便利そうだけどね~。」ぐらいで見てたのですが、Gサカイ製という事が判明した段階で物欲マックスになってしまいました。

しかも、サビナイフと同じH-1鋼を使ってるみたいだし。

他にも「人間工学」とか物欲をくすぐるキーワードが出てくるし。

クラウドファンディングはなんか怖いので、実売される事になったらまた考えよう・・・

とりあえず、まとめていきます。

スポンサーリンク

ここから買えます

【世界初!日本の匠が創る】簡単に魚をさばけるようになる魔法の包丁 「サカナイフ」

追記・商品のリンクを貼るの忘れてた・・・

ここが便利そう

ウロコ取りが一番便利そうに見えました。

軽い力でウロコが取れるのは実際試さないと分からないとして、刃自体の絶妙なカーブ具合のおかげでウロコ取るのが凄いやり易そうに見えます。

カーブのおかげで力入れやすいから軽い力で取れるとかなのかな?

ここは危なさそう

内臓を取る時、刃の先端を肛門に刺して押すだけみたいなのですが、動画を見てると刃がすっぽ抜けてしまうのが多い気がします。

とは言っても、刃の部分で捌けばいいだけかもしれないので、使い方次第で変なケガは防止できそうな気もします。

お値段以上?

血抜き用サビナイフが5,000円ぐらいだとして、波刃ついてたり捌きやすいように加工されてる+専用シャープナー付きって事を考えると12,500円は安いのかな~。

ちなみに、実売価格は14,018円みたいです。

すでに11,000円コースは在庫切れになってるし、初日で目標金額達成したみたいなので、12,500円コースも在庫切れになっちゃうかも。

欲しい人は、今のうちに申し込んだ方がいいかもしれないです。

大きいサイズもいけるみたい

小さいサイズの魚を捌いてる動画ばっかりだったので大きいのは厳しいのかなと思ってたら、下の方にシイラ捌いてる動画がありました。

刃が短いので大変そうだけど問題なく捌けてるに見えます。

↓がサカナイフでシイラを捌いてる動画です。

↓ついでにマダイを捌いてるバージョンも。

専用ケースも開発中みたい

サビナイフシリーズみたいな、ガチッとハマるシース付きならもっと欲しくなりそうで怖い・・・

とか思ってたら、現在開発中みたいです。

アウトドアで使う事考えると、ガチッとハマるやつだったらいいな~。

まとめ

  • サビナイフと同じ材質のH-1鋼
  • 大物も捌ける
  • サカナイフって響きが気持ちいい

海で使っても錆びないサビナイフ

スポンサーリンク

コメント

  • 1. 血抜き用ナイフとしてモーラナイフを買ってみた | ジグ Tube €2018年2月6日 20:01

    […] ちなみに、「簡単に魚を捌けるサカナイフ」はこの会社が作ってるみたいです。 […]

down

コメントする


名前を入力しない場合は「匿名」になります。

関連記事

オフショア

キャスティング

シマノ

ショア

ジギング

スピニング

ニュース

ベイト

メジャークラフト

レビュー

料理

第一精工

解説

釣具

釣果



スポンサーリンク

5枚の交換レンズセットと専用ケース付属の偏光サングラス

人気記事

スポンサーリンク