ジグ Tube

ルアーフィッシングを中心に釣り情報をまとめていきます。ジギングが好きなのでジギング多め+メジャクラのヒロセマンが好きなのでメジャークラフト発信の情報が多めになるかも。書いてる人はライトショアジギング → カヤックフィッシング → ボートフィッシングの流れで釣りを楽しんでいます。

ジグパラ・バーチカルの使い方を徹底解説

time 2017/11/30

スポンサーリンク

↑はヒロセマンがジグパラ・バーチカルの使い方を解説している動画。

 

自分で試行錯誤しながらジグを動かすのも楽しいけど、やっぱり基本的な使い方は知っておきたい派です。

そして、使い方の解説は開発者がしているのが一番間違いないはず。

てな訳で、ジグパラ・バーチカルの使い方をヒロセマンが解説している動画です。

ジグパラ・バーチカルを使ってマダイを狙いながら使い方を解説しています。

フックのセッティングについてや、スロージギングの基本的な事とかも解説しているので、ジグパラ・バーチカルを持っていない人も参考になるかも?

 

ジグパラ・バーチカルの使い方も気になるけど、ヒロセマンがテンション高い時と低い時の違いが気になる。

TVで女の子が一緒の時は基本的にテンションが高い気がするけど・・・

「この動画は何回も見た」とか、「バーチカルの使い方はもう知ってる」って人は、動画を見ながらテンションの差について考えてくださいです。

スポンサーリンク

ジグパラ・バーチカルの種類

3タイプあって、全てオフショアで使うバーチカル専用のジグ。

私は、ショートタイプとバーチカルを水深100~150mぐらいで使っていますが、ゼブラグローが一番安定して釣れてて、2番目にレッドゴールドが釣れてる気がします。

以下、各タイプの説明やサイズ展開など。

動きについては、メジャークラフト公式サイトから引用しています。

ショートタイプ

特徴

ベイトでもスピニングでも、どんなジャークにでも対応する一番オーソドックスなタイプ。

サイズが5種類、カラーが11種類。

動き

飛びすぎずにしっかりと水を噛み、アピール力の強い普遍的なシルエット&アクション。

じゃか巻きからワンピッチまで幅広く対応。

サイズ

  • 80g
  • 100g
  • 120g
  • 150g
  • 180g

カラー

  • #02 ピンク
  • #03 レッドゴールド
  • #04 ブルーピンク
  • #07 ゼブラグロー
  • #08 シルバー
  • #15 ケイムライワシ
  • #23 パープル (太刀魚カラー)
  • #24 ゼブラパープル (太刀魚カラー)
  • #25 2トーンパープル (太刀魚カラー)
  • #47 サクラゼブラ (太刀魚カラー)
  • #48 ゼブラレッドゴールド (太刀魚カラー)

ロングタイプ

特徴

タチウオパターンや、ワンピッチジャークなどで有効なジグ。

サイズが7種類、カラーが6種類。

動き

ワンピッチには幅広いスライドで追従し、喰わせの「間」を出来るだけ長く取れるよう、遅めのフォール設計。

太刀魚パターンに最適。

 サイズ

  • 100g
  • 120g
  • 150g
  • 180g
  • 200g
  • 250g
  • 300g

カラー

  • #03 レッドゴールド
  • #06 ブルーシルバー
  • #07 ゼブラグロー
  • #08 シルバー
  • #21 プレーンシルバー
  • #22 クラッシュシルバー

スローピッチ

特徴

スロージギング対応のジグ。根魚などのボトム狙いがメインだけど、他の様々な魚も狙える。

サイズが7種類、カラーが6種類。

動き

簡単に横を向いて極力、移動距離を抑えた設計。

捕食のゾーンが狭い、またはボトムを徹底的に攻めたい時に最適。

サイズ

  • 100g
  • 120g
  • 150g
  • 180g
  • 200g
  • 250g
  • 300g

カラー

  • #03 レッドゴールド
  • #07 ゼブラグロー
  • #15 ケイムライワシ
  • #17 ケイムラシラス
  • #18 グローピンク
  • #19 オールグロー

ジグパラ・バーチカルの使い方

3タイプとも形から想像できる使い方で問題なさそうです。

購入した人が想像した使い方で想像した動きをするっていうのは、結構重要というか凄い事な気がします。

ショートタイプ

スローからじゃか巻きまで対応しているので、どんなアクションでもオッケー。

マダイ狙いだとスロー気味に、青物なら速めにって感じで狙う魚種で変えるぐらい。

ロングタイプ

大きくシャクって、水を切るイメージで動かす。

動画の尺の問題なのか、ロングタイプは説明が凄い短い・・・

スローピッチ

ワンピッチジャークではなく、ひと巻きするのに2~4回のピッチでスローに巻く。

激しく動かさず、ジグをじっくり魚に見せるイメージ。

まあ、普通にスロージギングしてれば問題ない感じですね。

フックのセッティングについて

青物狙いだと、頭から食ってくるのが多いのでフロントだけでも十分。

マダイ狙いの場合など、後ろからやフォール中に食ってくる事が多い魚種を狙う時には、リアにも付けていた方がフッキング率が上がる。

でも、根掛かり率も上がるので注意。

また、リアを付けるとキレのいいアクションが出ないので、アクション重視の場合には外していた方がいい。

まとめ

  • ショートタイプはオールマイティ、ロングはタチウオパターン、スローピッチはスロージギングな使い方
  • フックのセッティングは状況と狙う魚種に合わせて変えると良い
  • シャクってる時のティップのしなりが見てて気持ち良い

動画で使ってるタックル

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

メジャークラフト NP−JACK(エヌピージャック) NJB−60/3
価格:19008円(税込、送料別) (2017/11/30時点)

ジグパラ・バーチカル5個セット

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいるらしい

down

コメントする


名前を入力しない場合は「匿名」になります。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

オフショア

カヤック

シマノ

ショア

ジギング

ニュース

ベイト

ボート

メジャークラフト

レビュー

料理

第一精工

解説

釣具

釣果



スポンサーリンク

5枚の交換レンズセットと専用ケース付属の偏光サングラス

人気記事