ジグ Tube

ルアーフィッシングを中心に釣り情報をまとめていきます。ジギングが好きなのでジギング多め+メジャクラのヒロセマンが好きなのでメジャークラフト発信の情報が多めになるかも。書いてる人はライトショアジギング → カヤックフィッシング → ボートフィッシングの流れで釣りを楽しんでいます。

ショアジギングでヒット率を上げるコツ

time 2017/10/29

スポンサーリンク

ヒロセマンが教えるショアジギングでヒット率を上げるためのコツ。

ジギングをやっている人には基本的な事なので今更感があるはずですが、
これから始めようと考えてる人や、始めたばかりであまり釣れない人は参考になると思います。

どうでもいいですが、着底してすぐにシャクってないのを見ると

「根掛かりするから早くシャクって!!」

って思ってしまってドキドキません?

解説なのでフックは外しているはずですが、見てるとドキドキします。

スポンサーリンク

糸ふけを出さない

着水後、ちゃんと親指で押さえて(サミングして)糸ふけを出さないようにする。

ジグにラインを引っ張らせて、出ていく分だけを送り出すイメージ。

最初は上手くできないかもしれませんが、すぐに慣れてくるはずです。

糸ふけを出さない方がいい理由

糸ふけが出てると着底も分からないので根掛かりに繋がります。

何より、着底を感じる事ですぐにアクションを開始できるので、着底までにジグを追って来ていた魚の興味を無くさずに済みます。

実際、着底後すぐにシャクるのが上手く行くと釣れる事が多い気がします。

あと、フォール中に食ってくることもあるので、サミングはしておいた方がいいと思います。

注意点

サミングする時は、あまりテンションをかけすぎない事。

テンションをかけすぎると、ジグが手前に寄ってきてしまいます。

ジグの形状にもよるとは思いますが、手前に寄ってくる状態だとフォールの姿勢もおかしくなるはずなので、いい感じでサミングしましょう。

まとめ

  • サミング必須
  • 着底後すぐにアクションを開始する事でリアクションバイトを誘う
  • 動画でも着底後すぐにシャクってないのを見るとドキドキする

メジャークラフト ライトショアジギングセット

スポンサーリンク

down

コメントする


名前を入力しない場合は「匿名」になります。

オフショア

キャスティング

シマノ

ショア

ジギング

スピニング

ニュース

ベイト

メジャークラフト

レビュー

料理

第一精工

解説

釣具

釣果



スポンサーリンク

5枚の交換レンズセットと専用ケース付属の偏光サングラス

人気記事

スポンサーリンク