ジグ Tube

ルアーフィッシングを中心に釣り情報をまとめていきます。ジギングが好きなのでジギング多め+メジャクラのヒロセマンが好きなのでメジャークラフト発信の情報が多めになるかも。書いてる人はライトショアジギング → カヤックフィッシング → ボートフィッシングの流れで釣りを楽しんでいます。

ジギングや準備してる時用にワイヤレスイヤホンが欲しい

time 2018/01/31

スポンサーリンク

釣りをしている時って、両手が塞がってます

シャクってる時はもちろん、フォール中はサミングしてるし、ジグ付け替えの時やライン結んでる時など基本的には両手が塞がってます

そんな時に電話が掛かってきたりすると、急いでジグ回収したりしないといけなくて少し面倒な気分に。

耳にスマホ挟んだりして海に落とすのも嫌だし、不器用な私はスマホ挟んでる状態でラインとか結ぶこと自体が嫌いだったり。

そんなこんなで釣り用のイヤホンが欲しいな~っと。

メトロノームの音聞きながらシャクったら、リズムよくなって釣れやすくなるかもしれないし。

車での移動中にも使えますし。

って事で探してみました。

追記・ワイヤレスイヤホンも運転中に使用するのはダメみたいです。危うく違反するところだった・・・。

運転中のハンズフリー通話は違反?その理由とは?

スポンサーリンク

釣り用イヤホンに求める条件

耳栓みたいに両耳につけるタイプ

片耳に掛ける通話用のイヤホンとかではなく、耳栓みたいなタイプ(カナル型)がいい。

私が片耳だけ何かついてるのが苦手なだけなので、釣り用だからって訳ではないです。

でも、耳に挟むタイプよりは外れにくそうだし、釣り向きだったりするかもしれない?

スマホとの接続はワイヤレス

せっかく釣り用に買うんだからワイヤレスがいい。

日常ではiPhone買った時に付属してたイヤホンを使っていますが、コードが鬱陶しく感じる事があります。

何かを取ろうと思ったらコードに手が引っかかってスマホが落下する時とか、完全に自分が悪いのにイラっとします。

日常でこんな感じなのに、シャクってる時にコードありとか発狂するかもしれない。

それに、カバンにコード付きイヤホン入れてると、コードが絡まってる事が多いし。

妖怪「コード絡まし」がいるとしか思えない

イヤホン同士は繋がっていた方がいい

いきなり上に書いたワイヤレスと矛盾してる気もしますが、イヤホン自体はコードで繋がっている形状のがいい

スマホとイヤホンの接続だけワイヤレスであって欲しいです。

だって、イヤホンってずっと着けてると耳が痛くなるじゃないですか?

使わない時や痛い時は外したい。

イヤホン同士が繋がっているタイプなら外している時は首に掛けれるので、イヤホンは独立したタイプじゃなくて繋がっているのがいい。

それに、独立してるタイプだと落としたり、うっかり水没させそうだし。

防水性能

釣り用だし防水がいい。

耳につけるものだし、釣りの最中に顔が濡れるって事はないので完全防水は求めてないけど、外で使うものだから小雨ぐらいには対応してるぐらいの防水は欲しい。

それに、落水してしまった時とかは完全防水だとしてもイヤホンどころじゃないと思うし。

せめて生活防水レベルは欲しい。

お値段は3,000円以内ぐらい

あんまり高いのだと無くした時にヘコんじゃうので、値段は3,000円以内ぐらいがいい。

3,000円なら300gのジグと同じぐらいの金額だし、iPhoneの有線イヤホンとも同じぐらいだし。

これぐらいの金額なら失敗しても半泣きぐらいのダメージで済みますし。

条件に合うイヤホンを探してみた

すぐ見つかった

3,000円以内で生活防水レベルでワイヤレスなんてあるのかと思ったら、意外とすぐに見つかりました

見つかったどころか大量にヒットして少し困惑。

イヤホンなんて全然買わないから知らなかったですが、かなり安くなってきているんですね。

その中で2商品ほど気になったのがありました。

SoundPEATS Q30

お値段が予算オーバーだけど、全体的に気になる商品です。

防水性能は生活防水レベル以上の性能(IPX6)

イヤホンにマグネットがついていて、使わない時はイヤホン同士をくっつけて首輪状態にできるとの事。

落下防止の為にコードで繋がっているタイプを探していた私には評価高いポイントです。

あと、CVC6.0ノイズキャンセリング付き。

音楽を聴くより通話の為に欲しい私はCVC6.0ノイズキャンセリングがいいですが、音楽重視の人はがっかりするかも?

音楽重視の人には音量調節ボタンは嬉しいかもしれませんが、釣りと通話な私には邪魔になりそう。

スマホとの接続はBluetooth 4.1。連続使用可能時間は8時間で、重さ132グラム。

QCY QY8

予算内で条件をちゃんとクリアしている商品。

防水性能は生活防水レベル(IPX3)

「SoundPEATS Q30」と比べると防水性能は低いけど、生活防水レベルはあるのでセーフ。

こっちもCVC6.0ノイズキャンセリング付き。

音量調整ボタンもないので、全体的にスッキリした感じ。

重さも「SoundPEATS Q30」より10グラム軽いし。

あと、ペアリングが2台接続可能みたいです。

私は通話メインなので1台で十分ですけどね。

スマホとの接続はBluetooth 4.1。連続使用可能時間は6時間で、重さ122グラム。

どっちもお値段相当ってぐらいの性能はあるみたい

ショップでのレビューを見てみると良い意見が多すぎて逆に怪しい

かく言う私も、ショップのレビューを書く時は遠慮してしまって良いように書いてしまうので余計に怪しく感じる。

って事で、Google先生に個人が書いているブログを出してもらいました。

どっちもお値段以上って性能ではなく、お値段相当な性能って記事が多い感じです。

良い点も悪い点も共通しているのが多かったです。

良い点

隣の部屋に置いたスマホぐらいなら接続は切れない

どちらも商品説明に接続距離は10mと書いていますが、これは本当のようです。

隣の部屋に置いたスマホぐらいなら接続は切れないとの事。

釣りの準備中の時とかスマホ置いたまま移動できるってのは良いですね。

音質は十分

音質は問題ないみたいです。

通話メインだとしても音質は良いに越したことはないですし。

人によっては倍ぐらいする金額のヘッドホンより音が良いとの事ですが、これは多分カナル型だからかも?

悪い点

充電の蓋を外すのがキツい時がある

充電しようとして蓋を開けようと思っても固くて外れない事があるみたいです。

防水だしガッチリ固定されてるのかな?

まあ、爪楊枝とか使えば開くみたいなので個人的には問題なしですが。

どっちか分からない点

レビューが割れてて、どっちなのかよく分からない点の方が多かったです。

装着感が良いって人と悪いって人がいたり・・・。

下の3つがよく意見分かれてるような気がしました。

軽くて装着感が良い

どちらも約130グラムぐらいの重さで装着感も悪くないようです。

ですが、耳の形に合わないって人もいるみたい。

耳の形は人それぞれなのでレビューが割れるのも仕方ない気はします。

思ったより充電が長持ち

「通勤ぐらいの使用時間なら1回の充電で1週間ぐらい持った」とか「6時間ぐらい使える」って言ってる人もいれば、1~2時間しか持たないって人もいたり・・・。

再生音量などでも変わってくるので何とも言えないですが。

商品自体にバッテリーの当たり外れがあるかもしれない

時々音が途切れる事がある

しばらく使っても音飛びや途切れが発生しなかったって人と、新品の状態から音が途切れるって人もいたり。

これも、ワイヤレスだし環境によっても左右されるしなので、レビューが割れても仕方ない部分な気もしますが。

調べたせいでどっちを買えばいいのか迷ってしまう

コンパクトで軽くて安い「QCY QY8」。

防水で首輪にできたりする「SoundPEATS Q30」。

迷う・・・。

どちらも似たような性能は持っているようなので更に迷う・・・。

音量調整ボタンがなくてコンパクトな「QCY QY8」が有力だったけど、首輪にできて紛失しにくい「SoundPEATS Q30」も捨てがたい。

外での使用なので、防水と紛失防止を重視して「SoundPEATS Q30」を買ってしまおう。

まとめ

  • 防水なワイヤレスイヤホンは意外と安い
  • 友達多い訳じゃないから電話する事が少ないのは内緒
  • 「ワイヤレスイヤホンってカッコいい気がするから!」って理由で欲しがってるってのも内緒

Apple AirPodsはカッコいいけど高すぎる

Apple AirPodsは良い感じのケースとかあってカッコいい! けど高すぎる

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいるらしい

down

コメントする


名前を入力しない場合は「匿名」になります。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

オフショア

カヤック

シマノ

ショア

ジギング

ニュース

ベイト

ボート

メジャークラフト

レビュー

料理

第一精工

解説

釣具

釣果



スポンサーリンク

5枚の交換レンズセットと専用ケース付属の偏光サングラス

人気記事